任意売却による金融について

私は住宅ローンを利用して自宅を購入したのですが、他にも借金があり毎月の返済が大きな負担となっていました。債務を整理する方法には様々なものがあります。おまとめローンを利用して複数の金融業者からの借入を1本化したり、債務整理をするなどが考えられます。また任意売却も金融の1つの方法です。

 

私の場合は住宅ローンの負担が最も大きかったので、まず任意売却をしてから残りの債務を整理したいと考えていました。任意売却は住宅ローンの完済前に不動産を売却する手続です。自宅や敷地には債権者の抵当権が付着しています。本来であれば債務を完済して抵当権を抹消する必要がありますが、任意売却であれば完済前に抹消してもらうことができます。

 

不動産が競売にかけられると、市場価格よりも安くなる可能性があります。任意売却であれば競売と比較して高値で売却できる可能性があるので、債権者にも得です。債務整理には自己破産がありますが、不動産を換価処分することになります。それよりも任意に売却してしまう方が債権者にもメリットがあるので、専門家に手続を依頼すれば交渉成立はそれほど困難ではありません。

 

私は不動産を売却して住宅ローンを減らした後で任意整理をしたので、計画的に返済できるようになりました。