借金を整理するために工夫したこと

軽い気持ちでキャッシングで10万円借りたのですが、限度枠の増額を何度か受けているうちに80万円に達してしまいました。もともとお金がなくて10万円を借りたわけですから、当初から返済能力に余裕があったわけではありません。

 

そうした状況で増額融資を受けていたので、毎月の返済はますます厳しくなっていきました。50万円を超えると本格的に厳しくなり、返済金を捻出するために借りるという悪循環に陥ってしまったのです。このままではいけないと考えて債務整理も検討しましたが、クレジットカードも使えなくなると聞いたので収入を増やすという選択肢で落ち着きました。

 

借金をして思ったことは借りるときは簡単でも、返すとなると難しいことです。雪だるまのようにあっという間に借金が膨らんでいき、返済しても利息で相殺される状況でした。借金の返済計画を立て直すにあたって利用したのは単発バイトです。

 

土日にバイトを入れて返済金を大幅に増やし、とにかく元金を減らしていきました。元金が減るにつれて利息も少なくなっていき、ようやく完済のゴールが見えてきました。完済後はキャッシングの解約を考えましたが、万が一のときに備えて10万円まで枠を減らしてもらい契約を続けることにしたのです。

「なぜ借金をするのか」と問われても答えられない

人によって異なる特徴があり、その一つに「借金をするのかしないのか」という違いがあります。私は後者に該当するのですが、人によってはどのような理由があっても借金をしないような選択をする人もいて、そういった人からすると「意味が分からない、理解できない」と言われてしまう存在です。

 

私が過去に借金をした際、そういった認識を持っている人から「理解できない」と言われてしまいました。たしかに、不必要なもののためにあえてリスクを冒す必要がないことは理解できますが、その人に言わせれば「車や家を買うためにも借金をしない方が良い」ということでした。たしかに、理想論としてその通りだとは思いましたが、現実的にキャッシュで購入できるだけの資産を蓄えられる人はほんの一握りに過ぎません。

 

その人に対して、「では買わないのか」と問いかけたところ、「必要性があれば良い」という答えが返って来ました。たしかにそうなのですが、要するに「自分が納得できる借金ならば良い」と言っていることと同じだと思います。たしかに良いことではないかも知れませんが、最大の問題は「何に使うのか」であり、借金をすること自体が問題かのように認識されるのは適切ではないと思います。

借金をするなら借用書は大事

あまり威張れたことではないのですが、度々ちょっとしたお金を周りの人から借りることがあります。

 

金額的には2-3万円ですから、社会人であれば超大金というわけでもないので、
借りられないということはないのですが、借金をする時に必ずしていることが借用書を書くことです。

 

人からお金を借りるぐらいですから、結構だらしないところがあって誰からいくら借りたか、
何時返すかというのを忘れてしまうことがあるので必ず借用書を相手に渡すことにしています。

 

そのように言っても簡単なメモ書き程度のものではあるのですが、これがあると間違いがないので安心です。

 

借りている立場が言えたことではありませんが、借金の催促というのはする方も嫌ですし、
相手が忘れていると人間関係にも響いてきますから、証拠を残しておくというのは大事なことだと感じています。

 

借用書を残しておいたおかげか今までトラブルになったことはありませんから、借金をする側のマナーとしては必要なことではないでしょうか。

 

そもそも借りなければそれが一番なのですが、それができない以上はできるだけトラブルを少なくする方法を考えるのが良いかなと考えています。
口約束だけだったらどうしても忘れてしまうので、書面にしておくと確実です。

お役立ちサイト

  • https://個人再生のまとめ.jp/

    個人再生、正式には個人民事再生ですが、任意整理よりも減額幅が高く、自己破産と違い財産も残せます。
    個人再生が誰に向いていてオススメなのか、体験談を踏まえて紹介しているサイトです。